SONY FE 85mm F1.8 SEL85F18 レビュー

SONY Eマウントの無印レンズであるFE 85mm F1.8を購入しました。
個人的には使用頻度が低い画角のため見送ろうかと思っていたのですが、近い画角で使っていたTAMRON 90mm F2.8のメンテナンス中にポートレートのお仕事が舞い込んで来たため購入してみました。(つまり、いままでマクロレンズでポートレートを撮っていました)

普段、レンズを購入する際はじっくり作例を見ながら、競合製品とも比較して悩んで悩んで買うというパターンだったりするのですが、このレンズは出たばかりで品薄ということもありネット上に作例が非常に少ないのです。
しかし、Facebookのグループで諸永カメラマンがべた褒めの上、作例をたくさん投稿されていたので迷わず買うことができました。

前置きが長くなりましたが、早速α7IIに装着し少し持ち出して撮ってみました。
まず何よりも軽いのが嬉しいです。そして噂通りAFも速くそこそこ正確。
AFに関しては無印レンズの50mm F1.8がかなりダメなので発売前は心配でしたが、ネットの情報どおり速くてさくさく決まります。

では、ここから作例です。
普段スナップではあまり使わない画角なため、自分で見てもちょっと微妙かなーと思うものもありますが目をつぶっていただけるとありがたいです。
もっと持ち出して腕を磨きます。

いきなり弱点と言われている逆光から。
DSC00731

たしかに光源を入れるとかなりコントラストが低く、逆光耐性の弱さが出てきます。
この画像は、RAW現像でかすみの除去を使ってある程度補正済みですが、元画像は左側がかなりひどいことになっていました。
とは言え、コントラストの落ち方も作品によってはうまく使えそうな出方でした。

続いてちょっとピント合わせしにくい感じの1枚。
DSC00750

これはカメラの性能の要素の方が強いかもしれません。

ボケの感じを見たくて、水滴のついた葉を撮ってみました。
DSC00755

もともと開放では口径食がひどいのを知っていたのでf2.8まで絞ってみましたが、やはり端の方は出てますね。
いろいろ撮ってみながら気にならないところを探りたいと思います。

最後に1点だけ不満を。
知ってはいましたが、かなり寄れません。
最短撮影距離には要注意です。

取り急ぎのスナップで作例も少ないので微妙かもしれませんが、購入検討されているかたの参考になれば嬉しいです。